各社VPSサーバの比較と設定方法をわかりやすく説明します。初期費用、月額料金、最低利用期間、無料トライアル・返金制度の有り無し、サーバ設置場所、メモリー、HDD、OSなどの比較ができます。

VPS設定のつぼ 使えるねっと Mailサーバ(qmail)

Postfix・Dovecotのインストールはこちら≫
(1)patchインストール
qmailのセットアップ中、いつかのセキュリティー用のパッチやglib用のパッチを当てますが、patchがインストールされていませんので、まず始めにpatchをインストールします。

[root@vps ~]# yum -y install patch
(2)gccインストール
gccも未インストールなのでこれもインストールします。

[root@vps ~]# yum -y install gcc
(2)qmailホームディレクトリや必要ユーザ・グループの作成
コンパイル前にqmail用のホームディレクトリの作成し、必要なユーザ・グループの作成をします。

# mkdir /var/qmail
# groupadd nofiles
# useradd -g nofiles -s /sbin/nologin alias -m -d /var/qmail/alias -k /dev/null
# useradd -g nofiles -d /var/qmail -s /sbin/nologin -M qmaild
# useradd -g nofiles -d /var/qmail -s /sbin/nologin -M qmaill
# useradd -g nofiles -d /var/qmail -s /sbin/nologin -M qmailp
# groupadd qmail
# useradd -g qmail -d /var/qmail -s /sbin/nologin -M qmailq
# useradd -g qmail -d /var/qmail -s /sbin/nologin -M qmailr
# useradd -g qmail -d /var/qmail -s /sbin/nologin -M qmails

※入力が長いのでプロンプトを省略しています。

(3)qmailソースのダウンロード
qmailソースのダウンロードします。

[root@vps ~]# cd /usr/local/src/
[root@vps ~]# wget ftp://ftp.eu.uu.net/pub/unix/mail/qmail/qmail-1.03.tar.gz
ダウンロードできない場合は↓こちらからダウンロードしてみてください。
[root@vps ~]# wget http://cr.yp.to/software/qmail-1.03.tar.gz
↓こちらでもOK
[root@vps ~]# wget http://vps-tora.com/src/qmail-1.03.tar.gz (当サイト)

解凍します。

[root@vps ~]# tar zxvf qmail-1.03.tar.gz
(4)qmail用パッチのダウンロード
qmailで時刻表示をローカルタイムにするパッチ

[root@vps ~]# wget ftp://ftp.freebsd.org/pub/FreeBSD/ports/local-distfiles/sada/qmail-date-localtime.patch.gz
ダウンロードできない場合は↓こちらからダウンロードしてみてください。
[root@vps ~]# wget http://vps-tora.com/src/qmail-date-localtime.patch (当サイト)

不正な中継を防止するパッチ

[root@vps ~]# wget http://www.qmail.org/qmail-smtpd-relay-reject
ダウンロードできない場合は↓こちらからダウンロードしてみてください。
[root@vps ~]# wget http://vps-tora.com/src/qmail-smtpd-relay-reject (当サイト)

glib用パッチ

[root@vps ~]# wget http://vps-tora.com/src/qmail-glibc.patch (当サイト)

qmail-date-localtimeを解凍

[root@vps ~]# gunzip qmail-date-localtime.patch.gz
(5)qmai用パッチを当てる
[root@vps ~]# patch -d qmail-1.03 < qmail-date-localtime.patch
patching file date822fmt.c
[root@vps ~]# patch -d qmail-1.03 < qmail-smtpd-relay-reject
patching file qmail-smtpd.c
[root@vps ~]# patch -p1 -d qmail-1.03 < qmail-glibc.patch
patching file cdb_seek.c
patching file dns.c
patching file error.h
(6)qmailのインストール
qmailをコンパイルとインストールします。
[root@vps ~]# cd /usr/local/src/qmail-1.03
[root@vps ~]# make setup check
vps-tora.comの部分に使用するドメイン名を入れて下さい。
[root@vps ~]# ./config-fast vps-tora.com
(7)checkpassword
qmailのPOPデーモンに認証機能を付けるcheckpasswordをインストールします。
checkpasswordをダウンロード。

[root@vps ~]# cd /usr/local/src/
[root@vps ~]# wget http://cr.yp.to/checkpwd/checkpassword-0.90.tar.gz
ダウンロードできない場合は↓こちらからダウンロードしてみてください。
[root@vps ~]# wget http://vps-tora.com/src/checkpassword-0.90.tar.gz (当サイト)

checkpasswordを解凍

[root@vps ~]# tar zxvf checkpassword-0.90.tar.gz

checkpasswordのglib用パッチをダウンロードして当てます。

[root@vps ~]# wget http://vps-tora.com/src/checkpassword-glibc.patch (当サイト)
[root@vps ~]# patch -d checkpassword-0.90 < checkpassword-glibc.patch

checkpasswordをコンパイルとインストールします。

[root@vps ~]# cd checkpassword-0.90
[root@vps ~]# make && make setup check

checkpasswordの所有権・権限変更

[root@vps ~]# chown root:nofiles /bin/checkpassword
[root@vps ~]# chmod 4750 /bin/checkpassword
(8)tcpserverのインストール
tcpserverをダウンロード

[root@vps ~]# cd /usr/local/src/
[root@vps ~]# wget http://cr.yp.to/ucspi-tcp/ucspi-tcp-0.88.tar.gz
ダウンロードできない場合は↓こちらからダウンロードしてみてください。
[root@vps ~]# wget http://vps-tora.com/src//ucspi-tcp-0.88.tar.gz (当サイト)

tcpserverを解凍

[root@vps ~]# tar zxvf ucspi-tcp-0.88.tar.gz

tcpserverのglib用パッチをダウンロードして当てます。

[root@vps ~]# wget http://vps-tora.com/src/ucspi-tcp-glibc.patch (当サイト)
[root@vps ~]# patch -d ucspi-tcp-0.88 < ucspi-tcp-glibc.patch

tcpserverをコンパイルとインストールします。

[root@vps ~]# cd ucspi-tcp-0.88
[root@vps ~]# make setup check

アクセス制御用ファイルを作成しcdbファイルを作成します。

[root@vps ~]# echo ‘127.:allow,RELAYCLIENT=””‘ > /etc/tcp.smtp
[root@vps ~]# tcprules /etc/tcp.smtp.cdb /etc/tcp.smtp.tmp < /etc/tcp.smtp
(9)qmail起動の準備
ユーザ追加時に自動でホームディレクトリにqmail用のMaildir形式のメールボックスが作成されるようにします。

[root@vps ~]# rm -rf /etc/skel/Maildir
[root@vps ~]# /var/qmail/bin/maildirmake /etc/skel/Maildir

Postfixを止めてqmailが起動するようにします。

[root@vps ~]# /etc/rc.d/init.d/sendmail stop
[root@vps ~]# chkconfig sendmail off
[root@vps ~]# chmod 0 /usr/lib/sendmail
[root@vps ~]# chmod 0 /usr/sbin/sendmail
[root@vps ~]# mv /usr/lib/sendmail /usr/lib/sendmail.bak
[root@vps ~]# mv /usr/sbin/sendmail /usr/sbin/sendmail.bak
[root@vps ~]# ln -s /var/qmail/bin/sendmail /usr/lib/sendmail
[root@vps ~]# ln -s /var/qmail/bin/sendmail /usr/sbin/sendmail
[root@vps ~]# cp /var/qmail/boot/home /var/qmail/rc
[root@vps ~]# sed -i ‘s/Mailbox/Maildir\//g’ /var/qmail/rc

起動用スクリプトをダウンロードします。

[root@vps ~]# cd /usr/local/src/
[root@vps ~]# wget http://vps-tora.com/src/qmail.sh (当サイト)
[root@vps ~]# mv ./qmail.sh /etc/rc.d/init.d/qmail
(10)qmail自動起動設定
[root@vps ~]# chmod +x /etc/rc.d/init.d/qmail
[root@vps ~]# chkconfig qmail –add
[root@vps ~]# chkconfig qmail on
(11)qmail起動
[root@vps ~]# /etc/rc.d/init.d/qmail start
Starting qmail: [ OK ]
^T[o[Ȃg˂
  • このエントリーをはてなブックマークに追加